小顔注射 効果なし

小顔注射は効果なし!?

小顔注射とは、お顔の脂肪に作用する脂肪溶解注射のことをいいます。治療効果が最短で3日くらいで実感でき1週間ほどで作用します。また、植物由来成分を主成分としておりますので体への負担が非常に少なく腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないことも特徴となっています。どんな成分を使ってるかといいますと、セイヨウトチノキ、ペルシアグルミ、アデノシン三リン酸、チロシン、ヒバマタ、オキナグサ、カラクサマケンなどの成分を使っているのです。ダイエットでは顔だけ痩せるのは不可能にちかかったのですが、小顔痩せをすることができるのを実現してくれるのです。脂肪分解作用、肌の引き締め作用、リンパ循環作用という3つの作用によって血液やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物を促す一石二鳥の施術なのです。注射をしてから約24時間後には脂肪細胞が30%減少することが証明されているのです。小顔注射は、すぐに小顔にしたい、顔の脂肪が気になる、痛みやダウンタイムは少ない方がいい、ダイエットをしてもなかなか顔だけは痩せないという方にオススメします。小顔注射のメリットは、3つの相互作用により翌日には効果があらわれることがあります。植物由来成分を主とする薬液のため、直後には少し腫れはあるもののダウンタイムや、副作用がなくメイクなども翌日にはすることが可能になります。ピンポイントで注射をするためダイエットをする必要がないなどというメリットがあるのです。小顔注射にはまぶたの脂肪を減らして腫れぼったい眼をスッキリさせる、団子鼻の脂肪を減らして鼻を小さくする、あごのラインがスッキリする、二重あごが無くなるなどの効果があります。施術の時間はだいたい5分から15分くらいの短い時間になります。1週間ほどおいてから一回で終わる人もいたり、顔の脂肪が多い人は3回?4回する人もいます。注射をしたあとは、お酒は炎症をおこしてしまうので、飲んではいけません。